べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

ひとりはみんなのために、みんなはみんなのために

『自民・武藤氏、投稿撤回を否定「学生はだまされている」』

朝日新聞デジタル 2015/8/4)

 

以下一部引用。

 

「武藤氏は7月末、SEALDsの主張について、「『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまで蔓延(まんえん)したのは戦後教育のせいだろう」などとツィッターに投稿した。

 この件で4日、「法案が成立しても戦争に行くことはなく、扇動とか間違った情報に基づいて若い人が誤解し、だまされている」と語り、「撤回することはない」と強調した。」

 

利己的個人主義」というものをこの方は否定したいと考えているようです。

論理的に考えてみると、「利他的全体主義」が反対の概念で、それを肯定している、ということでしょうか。。

利己的個人主義」は、「身勝手な考えで、個人の利益や権利、価値を重視する」というような意味ですね。

利他的全体主義」はといえば、「他者の利益を考えて、集団の権威や利益、価値を重視する」という意味になりますか。

 

 

ええと……ようするにファシズムですね?

 

 

行き着く先は国民総動員だ、とおっしゃっているのと同じですけど、大丈夫ですか?

個人が「利他的」に振る舞う「全体主義」ほどあやういものはありませんよ。

特にその「利他的」の「他」が、ある集団や国家に向けられる場合には要注意です。

「利他的」の美名のもとに、個人は責任を喪失しているのです。

結果どうなるのか、は歴史をご覧あれ、でしょう。

「利己的」なるものと「利他的」なるものが、矛盾しながら存在する状態が、おそらく健全なのです。

 

 

『だって戦争に行きたくないじゃん』を、簡単に「利己的個人主義」と断じるのはいかがかと思います。

それは、安保改正法案に反対して出てくる言葉ではない、ということが言いたいのであれば、きちんとそうやって言うべきです(ツィッターは文字数が少ないって?だったら最初からそんなツールは使わないように)。

それを説明するのが政治家の仕事の一つでしょう。

彼らが「利他的」にその言葉を持ち出しているのであれば、それをどうやって断じるのですか?

言い方が悪いですが、「非常に下手くそな思想統制」です(だから突っ込まれるんですが)。

 

 

「死にたくないから、戦争に行きたくない」、というのはシンプルかつプリミティブな主張です。

「殺したくないから、戦争に行きたくない」、というのは「利他的個人主義」になるのでしょうか、これも理解できます。

 

 

それでも起こるわけです。

 

 

だから、

 

 

「悲しいけどこれ、戦争なのよね」

 

 

とスレッガーさんは言うしかなかったんです(最終的に『ガンダム』かい)。

 

 

でも、「戦争ができるかどうか」と、「戦争をしないかどうか」は別の問題だ、と思います。

 

 

(元記事)

www.asahi.com