読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

社会人が作る文書にはほぼテンプレが存在する

『「空欄埋めて書く」感想文テンプレ』

R25 2015/8/16)

 

以下一部引用。

 

「夏の宿題の定番、読書感想文。あるツイッターユーザーが、「読書感想文を書くためのテンプレート」があることを投稿し、波紋を広げている。

 

(略)

 

「これで書ける! 読書感想文の書きかた」

と題されたもので、「ぼくは(本の名前)という本を読みました。この本を選んだのは、この本が(選んだ理由)からです」「いちばん心に残ったところは(だれ)が(どうした)ところです」などと書かれている。カッコ内を適宜埋めることで、読書感想文が完成するようになっているのだ。

 

(略)

 

「いいなぁ。私の子供ころにこういうのがあったらな。いきなり読書感想文を書けって言われても苦痛でしか無かったもの」
「テンプレから入って繰り返し自分の物(独自性)に向けるのが勉強だと思う。勉強とは人真似だし」
「読書感想文のテンプレ、めちゃくちゃ羨ましいし、小学生への『文章の組み立て方の基本』を教える意味ではテンプレとか最高じゃんって思います。模倣からしかオリジナリティは生まれない。本当に読書感想文苦手で、1週間以上かかっていた。読書大好きでも、感想とか言われると困るのは今でも一緒だ」

と、テンプレートやその利用を評価する声があがる一方、

「読書感想文の宿題、何がクソかってこのテンプレート通りに書かないとダメ出しされるという点だよな」
「テンプレートの存在が悪なんじゃなく、読書感想文用テンプレートをありとあらゆる書き物に適用してしまうのが問題なような」
「何か問題が有るなら、テンプレート自体ではなく、教える側がその応用を教えない・教えられない点だと思う」

など、「テンプレート」的な文章をよしとする国語教育の問題点を指摘する意見も投稿された。」

 

テンプレート、いいじゃないですか。

大学生だって、レポートや論文のテンプレ、習うでしょう?

というより、習わないと書けないでしょう。

画像を見る限り、ほとんどの部分は自分の言葉で書かないといけないようになっているんですから、特に問題があるとは思えません。

 

「このテンプレート通りに書かないとダメ出しされる」

 

というのは、採点する教師の側に読解力がないだけなので気にしないように。

一定の分量の文章を構成する、というのはどういうことなのかを端的に伝えるという点では、非常に意義のあるテンプレだと思います。

「読書感想文」というのはこういうもの(こういった要素で構成されている文章)で、「あらすじをつらつらと書き連ねるものではないのだ」と理解してもらえればそれでいいわけです。

ここから、自分なりに崩したりできる人はしていくでしょう。

できない人(苦手な人)は、このテンプレ通りに書けばいいのです。

 

 

私?

テンプレはいらなかった派、の人種です。

原稿用紙の最後の1マスに、いかに「」をぶち込むか、だけを考えていましたから。

感想文や作文なんてそんなものでした。

 

 

(元記事)

r25.yahoo.co.jp