読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

フェミニストのみなさん、出番ですよ(大声)

吐露

『【大沼議員セクハラ暴行疑惑】自民・稲田氏「犯罪行為だ!」民主・蓮舫氏「その話は泥沼になる」』

産経新聞 2015/9/22)

 

以下引用。

 

 

自民党稲田朋美政調会長は20日のフジテレビ番組「新報道2001」で、安全保障関連法案の参院平和安全法制特別委員会採決の際、同党の大沼瑞穂参院議員が民主党の津田弥太郎参院議員から暴行を受けたとされる問題について「犯罪行為だ」と民主党蓮舫代表代行を追及した。対する蓮舫氏は「泥沼になる」などと述べ、話のすり替えに終始した。主なやり取りは次の通り。

稲田氏「委員長席の混乱だけではなくて、委員の最後列のわが党の大沼瑞穂議員が民主党議員に引き倒されてけがをした。これはまさしく犯罪行為だ。動画で世界中に配信されている。民主主義国家として、法の支配の日本として大変恥ずかしい」

蓮舫氏「その話は泥沼になる」

稲田氏「泥沼じゃない。事実だ」

蓮舫氏「わが党の議員も殴られたり、あるいは私たちの仲間が大きな自民党議員によって、押し倒されてあざができている」

稲田氏「まったく泥沼じゃない」

蓮舫氏「参院の現場にいなかったあなたは、女性議員が暴力をふるわれたというのは、どこかで用意した原稿かもしれないが」

稲田氏「違う。動画で世界に発信されている」

蓮舫氏「この部分は公党同士で委員の中で検証すべきだと思う」

稲田氏「しかし世界に発信されている。ユーチューブで。大沼瑞穂さんが民主党議員によって、しかも委員長席とは別の、委員会室の後部で引きずられて、なぎ倒される。これが第1委員会室というまさしく言論の府の象徴ですよね」

蓮舫氏「私どもの(党の)牧山議員は、自民党の議員によって、足を引っ張られてテーブルから引きずり落とされた。それはご存じですか」

稲田氏「ん? あのですね、これ(大沼議員の件)は委員長席ではない。まったく委員長席の混乱とは違う後部でやられたということを指摘している」

 

 

確かに、Youtubeで動画が上がっているんですよね。

産経ですから、民主党には厳しい報道になるわけですが、

 

 

蓮舫氏「私どもの(党の)牧山議員は、自民党の議員によって、足を引っ張られてテーブルから引きずり落とされた。それはご存じですか」

稲田氏「ん? あのですね、これ(大沼議員の件)は委員長席ではない。まったく委員長席の混乱とは違う後部でやられたということを指摘している」

 

 

すり替えだと揶揄されても致し方のない対応。

ここで、女性議員という立場を最大限に利用して話をすれば、自分の株も上がるでしょうに。

どうしてそういう持ち込み方をしないのかがよくわからない。

フェミニズムとか男女平等を、自分たちの政治活動のために利用している」、ということがバレてしまうましけれど、いいんでしょうか?

与党だろうと野党だろうと、許されないことは許されないはずでは?

それに対して、自分たちからの追及がない。

そして、自分たちの側にも被害者がいるのだから騒ぐな、泥沼の水掛け論になる、と言い出す。

大丈夫でしょうかね……まあ蓮舫氏がフェミニストだ、とは別に思っていませんからいいんですが。

一番「大丈夫か?」と思ったのは、

 

 

蓮舫氏「参院の現場にいなかったあなたは、女性議員が暴力をふるわれたというのは、どこかで用意した原稿かもしれないが」

 

 

↑ここですけれど。

ということは、「あんたの発言も全部どこかが用意した原稿なんじゃないのか?」と疑われることがわかっているのかいないのか……。

 

 

ちなみに、憲法第50条には、

 

 

「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。」

 

 

という、いわゆる議員の不逮捕特権がうたわれています。

また、国会法では、

 

 

第114条 国会の会期中各議院の紀律を保持するため、内部警察の権は、この法律及び各議院の定める規則に従い、議長が、これを行う。閉会中もまた、同様とする。

 

第115条 各議院において必要とする警察官は、議長の要求により内閣がこれを派出し、議長の指揮を受ける。

 

第116条 会議中議員がこの法律又は議事規則に違いその他議場の秩序をみだし又は議院の品位を傷けるときは、議長は、これを警戒し、又は制止し、又は発言を取り消させる。命に従わないときは、議長は、当日の会議を終るまで、又は議事が翌日に継続した場合はその議事を終るまで、発言を禁止し、又は議場の外に退去させることができる。

 

 

とあり、また参議院規則では、

 

 

第217条 議長は、衛視及び警察官を指揮して、議院内部の警察権を行う。


第218条 衛視は、議院内部の警察を行う。
 警察官は、議事堂外の警察を行う。但し、議長において特に必要と認めるときは、警察官をして議事堂内の警察を行わせることができる。


第219条 議院内部において、現行犯人があるときは、衛視又は警察官は、これを拘束し、議長に報告してその命令を待たなければならない。但し、議場においては、議長の命令を待たないで、拘束することができない。

 

 

なんてことが書いてあったりします。

改めて、いろいろ勉強になります。

 

 

ところで、産経新聞以外の記事が引っかからないので、

 

 

○こちら===>>>

民主党議員、自民党女性議員を投げ飛ばす、ホント?(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

 

テレビ朝日系のニュースで。

以下引用。

 

 

民主党議員、自民党女性議員を投げ飛ばす、ホント?』

テレビ朝日系 2015/9/22)

 

民主党・岡田代表:「私自身はまだ何も聞いていません」

参議院の特別委員会での安保関連法の採決で、民主党の津田弥太郎議員が自民党大沼瑞穂議員を投げ飛ばすなどの暴行を働いたとされる問題で、民主党の岡田代表は、まだ詳細について報告を受けていないとしました。津田議員に対する岡田代表による事情聴取について問いただされると、「まずは国会で議論してもらうことだ」としました。」

 

 

反応鈍いなぁ……当事者の反応が鈍いのが一番ですけれど。

 

 

(元記事)

www.sankei.com