読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

初めてATBに出会ったときの衝撃

独白

『「チェス」のターン制を廃止してリアルタイムに駒を動かしキングを追い詰める究極のマインドスポーツ「電撃戦-SPEED CHESS-」

Gigazine 2015/9/21)

 

以下一部引用。

 

 

「世界最古のボードゲームであるチェスを、最先端のテクノロジーを使ってリデザインしたのが「電撃戦-SPEED CHESS-」です。コマの動かし方は従来のチェスと同じですが、ルールの根幹を成す「ターン制」を大胆に廃し、2人のプレイヤーがリアルタイムにコマを動かしまくって敵のキングを奪うという、より素早い思考が求められる究極のマインドゲームに進化しています。

 

(略)

 

電撃戦-SPEED CHESS-」のルールはこんな感じ。チェスのターン制が廃止されているので、コマはいつ動かしてもOK。ただし、コマは動かす度に次に動かすまでの待機時間をセットされます。コマは手に持つと移動可能なマスが表示されるので、チェスのルールを把握していなくても簡単にプレイ可能。」

 

 

私、チェスも将棋も囲碁もオセロも、およそ戦略的なボードゲームというものが全く得意ではありませんが、これはちょっと面白そうです。

戦略性が高い、というのはターン制だからいいんですが(とはいえ制限時間はある)、リアルタイムバトルにしてしまうと、別の戦略が必要になってきますね。

これを将棋でやるのはなかなか難儀ですねぇ……敵の駒がとれますから。

チェスだからこそ、というのがみそなんでしょう。

単純に、みていると綺麗だなぁっていうのと、『スタートレックTNG』や『血界戦線』に出てきたような、異形なチェスではなくて、こっち方向に進化しているのが面白いと思いました。

 

 

(元記事)

gigazine.net