読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

幽処の仙人、現世に夢をもたらす

リッチー・ブラックモア、ついにレインボー&ディープ・パープル公演』

(BARKS 2015/9/9)

 

以下一部引用。

 

 

リッチー・ブラックモアが、2016年6月にヨーロッパでレインボーとディープ・パープルのメンバーとパフォーマンスすることを明かした。

 

(略)

 

なぜ、今やることにしたのか問われると、こう答えた。「俺は70歳になった。関節炎も気になり始めた。ジョン(・ロード)はもういない。他にもたくさんの人たちがいなくなった。友人が亡くなるのを見始めて、昔の曲をプレイするときだって思ったんだ。ノスタルジア、それが大きな理由だ。でも、それだけじゃない」

 

バンドのメンバーはまだ明かされていないが、デイヴィッド・カヴァデール、ジョー・リン・ターナーが参加するのではないかと期待されている。」

 

 

ロック界には様々な変人がいらっしゃるのですが、初期ハードロック界随一の変人といえば”御大”リッチー・ブラックモアでしょう。

ちょっと前のニュースですが、驚いちゃった。

てっきり、キャンディス・ナイト夫人とあちら(アンプラグド)の桃源郷で遊ばれていらっしゃるとばかり。

しかし、ジョン・ロードが、ロニー・ジェイムズ・ディオが、他にも何人ものレジェンド達が、次々と6フィート下に行ってしまう中で、ここらで一発……と思っていただいたのはありがたい。

どうやらヨーロッパ公演だけのようですので、そのDVDでも出してもらえればいいや。

”御大”のヒゲ、かっこいいですよねぇ(ギターは?)。

それにしても、”御大”、70歳ですか……タモリさんと同い年ですな。

東のタモリ、西のリッチー、どちらも意気軒昂で頭が下がる重いです。

テクニックだけでなく、エモーショナルで、なんとなく粘っこい、ジミー・ペイジと世界を二分したエレキギターの最後の輝きが見られるのですねぇ……(チケットなんかとれっこないけどな)。

 

 

(元記事)

www.barks.jp