読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

ダブルスタンダード?

吐露

室井佑月慰安婦問題に「ダブルスタンダードってやつ?」<週間朝日>』

(2016/1/13 dot.ドット)

 

以下、一部引用。

 

 

慰安婦問題を巡って、日本政府は責任を痛感し、安倍総理大臣が、心からおわびと反省の気持ちを表明するとしたうえで、日韓両政府は韓国政府が設置する財団に日本政府の予算からおよそ10億円の資金を拠出し、元慰安婦への支援事業を行うことで合意しました」

 だそうだ。岸田外務大臣はその際の記者会見で、慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と述べた。

 ちょっと、待て。安倍さんやそのお仲間たちは、慰安婦に軍の強制はなかった、それどころか慰安婦の存在そのものがなかったと主張する人もいたんじゃなかったっけ?

 その人たちが頑張って、中学や高校の教科書から慰安婦の問題を省いたりしたんじゃなかったっけ?

 

去年8月14日に出された安倍談話でも、「侵略」「おわび」という言葉は使っていたけれど、慰安婦については、「戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます」、その程度で濁し、「慰安婦」という言葉自体を使うのさえ拒否ったのではなかったか。

 国際舞台となると、国内でいっていることと変わるのね。

 なぜなのかと考えていたら、翌日29日の東京新聞に「『妥結』の重さを学んだ 従軍慰安婦問題で合意」という社説が書かれていた。

 辞書で調べてみたら、「妥結」とは、「利害の対立する二者が、同意に達して約束を結ぶに至ること。双方が互いに折れ合って、話がまとまること」だという。

 個人的にあたしは、おなじアジア人同士、妥結でもなんでもし、歩み寄ったほうがいいと思う。

 が、その社説にはこうも書かれていた。「日韓双方の背中を押したのは米国だった」と。

 つまり、日本も韓国もアメリカにせっつかれたってことだわな。たまにはアメリカも良いことをするじゃん、そう思う?

 あたしはそう思わない。日本も韓国も大国アメリカの支配下にあると感じた。それって恐ろしい。アメリカ=正義じゃないし、我々を誰が守ってくれるのだ。

 1月3日の東京新聞に「安保法運用参院選後に」という記事を見つけた。

安倍政権は、安保法で新たに可能となる弾薬の提供など、米軍への支援範囲を拡大するための手続きも参院選後に先送りする」

 この国はアメリカの要請を断ることはできるのか?そんな考えもないんじゃないか。だから、その前に選挙で国民を騙くらかしてって、……酷(ひど)い。」

 

酷い文章を読んだのでツッコミを。

 

 

「ちょっと、待て。安倍さんやそのお仲間たちは、慰安婦に軍の強制はなかった」

……いや、今でも「軍の強制はなかった」と言っていますよ。

 

 

「それどころか慰安婦の存在そのものがなかったと主張する人もいたんじゃなかったっけ?」

……それは誰なのかを挙げた方がいいと思いますが。

慰安婦は存在したし、その多くは日本人でしたし、軍は慰安婦の募集をしましたし、慰安婦に対して非道を行った場合には軍法会議にもかけていましたし。

 

 

「その人たちが頑張って、中学や高校の教科書から慰安婦の問題を省いたりしたんじゃなかったっけ?」

……慰安婦の「強制」を問題にしているのであって、慰安婦の存在じゃないのでは?

 

 

「安倍談話でも、「侵略」「おわび」という言葉は使っていたけれど、慰安婦については、「戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます」、その程度で濁し、「慰安婦」という言葉自体を使うのさえ拒否ったのではなかったか。」

……当時の人権意識がどんなものだったのかわかって書いてますかね。

少なくとも女性には参政権はなかったのでは?

そういったことも含めての談話の内容であって、何故に「慰安婦」に限定しなければいけないのかがわかりませんが。

 

 

「国際舞台となると、国内でいっていることと変わるのね。」

……え?

 

 

「戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます」

 

と、

 

「岸田外務大臣はその際の記者会見で、慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」と述べた。」

 

って、同じ内容だと思いますけど?

慰安婦問題」のことを話しているんだから、主語が「女性」の中でも「慰安婦」に限定されるに決まってるじゃないですか。

あ、「軍の関与のもとに」っていう部分ですか?

そりゃ軍は関与するでしょうに、軍人さんのための「慰安婦」なんだから(戦場で性病が蔓延したら戦争どころじゃないでしょう)。

「当時の女性が逆らえるはずがないじゃないか」と言いたいのはわかりますが、それは「当時の人権意識」がそうだったからで、それが「問題だった」と言っているんですけれど。

 

 

「つまり、日本も韓国もアメリカにせっつかれたってことだわな。たまにはアメリカも良いことをするじゃん、そう思う?
 あたしはそう思わない。日本も韓国も大国アメリカの支配下にあると感じた。それって恐ろしい。アメリカ=正義じゃないし、我々を誰が守ってくれるのだ。」

……本当にわかって書いているのかどうかが怪しいのですが、これって要するに「アメリカさんは守ってくれない、自分で自分の身を守らなきゃ」ってことでしょう?

だったら、

 

 

改憲自衛隊の国軍化→核軍備」

 

 

という流れになりますけど、大丈夫ですか?

 

 

「この国はアメリカの要請を断ることはできるのか?そんな考えもないんじゃないか。」

……だから、軍もなく、核もないんですよ。

それで、世界一の軍事大国と同盟結んでいるんですよ。

要請を断りたいなら、「いつでもやってやるよ」という意識と力がないとだめでしょう?

ガチでもう一回アメリカと戦争やらかしてもいいから断る、くらいの覚悟がおありで?

断ったあとのことは考えていらっしゃるのか?

 

 

(元記事)

dot.asahi.com