読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

映像系のあれそれ(『シビルウォー』『テラフォーマーズ』『デッドプール』)

独白

marvel.disney.co.jp

 

キャプテン・アメリカ』シリーズだと気付かずに観に行って、最後で違和感に気付いた。

 

「あっれ〜、『アヴェンジャーズ』なのにやたらキャップ推しだなぁ」

 

的外れ。

映画としては面白かったです。

キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』も観ていないので、いまひとつのめり込めていませんでしたが、

 

THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (ShoPro Books)

THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典 (ShoPro Books)

  • 作者: トム・デファルコ,ピーター・サンダーソン,トム・ブレブールト,マイケル・タイテルバウム,ダニエル・ウォレス,アンドリュー・ダーリング,マット・フォーベック,柳亨英,光岡三ツ子,沢田京子
  • 出版社/メーカー: 小学館集英社プロダクション
  • 発売日: 2010/07/10
  • メディア: 大型本
  • 購入: 4人 クリック: 119回
  • この商品を含むブログ (28件) を見る
 

 

我が家には↑がありますので、「シビルウォー」(コミック版)の予習はばっちり。

結構設定は違っていたけれど。

なんだかんだいって、ブラックウィドーさんのルチャムーブが好きなのです。

それだけをもう一回観たい。

キャップもスタークもそうだけど、基本的に悩めるおっさんの話なんですな(マザコンファザコン)。

アクションとしては、シールドをぶんぶんやりあうところがかっこよかったです。

さて次は……あれ、『アベンジャーズ』?

やっとこさサノスが出てくるんでしたっけ。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

壮絶に叩かれていておめでとう、な『テラフォーマーズ』を見てきました。

話をほぼ知らないので、漫画で予習。

あれを実写にするのかぁ……と嫌な予感しかありませんでしたが、これが思ったほど悪くない。

三池監督と波長が合うだけなのかもしれませんけれど。

アクション、ワイヤーアクションをもう少しなんとか処理してくれれば、もっとよくなった気がします。

登場人物が日本人ばっか、ってのはそれほど違和感がありませんでした(むしろ漫画の方が、みんな同一人種に見えるから、外人入れたら逆に違和感だろう、と)。

ちょいちょい間に入ってるブラックジョークがいまひとつだったかなぁ……むしろ字幕で出してもらった方が笑えたかも。

ええと……あ、小池栄子女史、よかったと思います。

伊藤英明さんは、あのリーゼントっぽい髪型じゃなくてもよかったんでないのかな、と。

あ〜、それからヤバイくらいにスーツがダサかったですね。

そのくらいかなぁ……超A級の面白さとはいいませんが、B級+くらいはついてもいいんじゃないかと思います(多分、原作のファンではないから甘めなのかな……)。

やられキャラのみなさんがひどいといえばひどいけれど、やられキャラだしなぁ……。

設定がヒーローものっぽいのも、まぁしょうがないじゃないですか、もともとそうなんだから。

とりあえず、日本のアニメ・漫画実写化において、『ガッチャマン』を超えるものはまだ出てきませんので、安泰安泰(本当にあれはね……金をかけて役者を殺し、何も残らなかったという……それでもDVD買ったけどね)。

鋼の錬金術師』が楽しみdeathね!

 

※書き忘れ書き忘れ……小栗旬のキャラ付けは絶対にいらないと思います。なんだ、ジョニデにでもなりたいのか?あれが邪魔だったわぁ……。※

 

www.foxmovies-jp.com

 

超期待して観に行ったんですが、ある意味この三本の中で一番期待はずれでした。

最大の原因は、字幕で見たこと。

外人さんが結構観に来ていたのですが、その人たちはきちんとオチで笑っているのに、こっちは字幕で一気にオチまで見せられちゃっているので、うまく笑えないというもどかしさ。

ですので、是非とも吹き替えで見ていただきたいです(もう一回見たいくらい)。

ストーリーも、もっと弾けているのかと思ったんですが、案外普通でびっくり。

あちこちに忍ばせてある小ネタとか、ブラックな感じとかは全然面白いんですけど、なんというか……真面目?

むしろコロッサスのほうが笑えたりね(あんた、素手でセンチネルと戦ってなかったっけ?)。

ロシア系っぽい小さいXメン見習い(ネガソニック・……なんとか)もなかなかいい味出してました(あ、ロシア系だから、コロッサスと一緒にいたのか)。

通奏低音のようにぐだぐだっぷりが流れているわけでもなく、結構シリアスで、そんな中でやりたい放題やる、という構図。

うーんなんだろう……『ビバリーヒルズコップ』的な?

ハリウッド!って感じで、これはこれでよかったですけれど、もうちょっとはっちゃけててもいいんじゃないかなぁ(『デッドプール』のゲーム動画を見たことありますが、あれを基準で考えちゃいけません)。

それにしても次のXメンでまさか○ー○○がでるとは!!

 

あ、次の『Xメン』はアポカリプスか……それはそれで楽しみではあります(パトリック…スチュワートは出ないんだろうけどね……)。

 

見所は、タクシーのシーンです。

むしろ、そこだけでもいいくらい。