読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べにーのDoc Hack

読んだら博めたり(読博)何かに毒を吐いたり(毒吐)する独白

『暗闇の薔薇』クリスチアナ・ブランド

読書

 

暗闇の薔薇 (創元推理文庫)

暗闇の薔薇 (創元推理文庫)

 

 

英国の女流ミステリー作家のうち、ブランドが一番好きだと思います(特に短編がね……『招かれざる客たちのビュッフェ』がサイコー……なんだけど、どこにしまったかがわからない……)。

クリスティは多作すぎて、全然読めないし。

 

映画女優で、さる公国(サン・ホアン・エル・ピラータという架空の国)の王子との間に結婚の約束を結んでいたサリー・モーン。

ある夜彼女は、自身が出演した(最初で)最後の映画『スペイン階段』が上映しているというレンズ・ヒルに向かった。

その受付は、かつて映画を撮影していた頃に付き合いのあった、ヴァイ・フェザーという女性だった。

あの華やかな、そして苦い時代を思い出すサリー。

映画が終わって帰宅しようと車を走らせていると、尾行されているのではないかと考えた。

何しろ、公国の王子との結婚の証である指輪はサリーが持っており、公国の刺客がいつそれを狙いに来てもおかしくはないのだから。

果たして尾行がいるのかどうかわからないまま、サリーは帰途を急いだが、悪天候のためか倒木に遮られてしまう。

追っ手がいると疑心暗鬼のサリーは一刻も早く、倒木の向こう側に行きたかったが、とても車では行けそうにない。

そのとき、倒木の向こう側に車が停止しているのに気づいた。

それも、彼女と同じ型(新車のキャドマス、ハルシオン3000)。

サリーは、運転手らしき男と交渉し、車を交換して無事帰宅した。

もちろん、男とは翌朝、車を交換する約束をして(男の電話番号を書いたメモをもらった)。

サリーには数人の友人がおり、よく一緒に会っていた(が、それぞれの人間関係はなかなか微妙なものがある)。

サリーが尾行者に追われて、車を交換して帰宅したという翌日は、その友人たちがみなサリーのフラットに集まった。

電話番号のメモは雨でにじんでしまって、すっかり読めなくなっていたため、男と車を交換することができない。

友人たちは、サリーが車を交換したことを、嘘ではないかと思っていた。

その疑いを晴らすため、サリーがハルシオンを改める。

彼女のものは何も積まれていなかった。

ただ一つ、後部シートには、レンズ・ヒルの映画館の受付係、ヴァイ・フェザーの死体があるだけだった……。

 

 

実は、車の交換シーンが冒頭にあります。

そのことで、サスペンスが高められています。

突然の倒木、失われた逃げ場、そのときたまたま向こう側にあった車が自分とまったく同じ。

よくこんな状況を思いついたものです……。

そして、男の車から、かつての顔見知りの死体。

サリーがレンズ・ヒルから自宅に向かっていたということは、男はレンズ・ヒルに向かって車を走らせていたことになります。

にもかかわらず、レンズ・ヒルの映画館受付係であるヴァイ・フェザーの死体が乗っていた、というのはどういうことなのか。

本当に、公国の追っ手はいるのでしょうか。

冒頭には、「配役」として、主要な登場人物の名前が挙げられ、その中に被害者と犯人がいて、しかも共謀はないと宣言されています。

うーん、しびれる……。

で、圧倒的なパズラーなことに加えて、ロマンティックでもあり、何やら異国での冒険あり、人間関係の裏側に潜む様々な闇あり……詰め込まれています、ぎっちり。

2時間ドラマで再現したら超面白そうなのですが、うまくできるかな……イギリスでないと無理なのかもしれないです。

とにかく読後感が酩酊といった感じで、何が何だかよくわからないので、読み直すことをオススメします。

 

何冊かブランドを読んでいるのですが、『疑惑の霧』が、内容も展開も全く思い出せないんですよね……どうしたことか……。

読み返してみますか。

あ、ブランド初めての方は、『招かれざる客たちのビュッフェ』を是非とも。

 

招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)

招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)

 

 

……うちにもあるはずなのですが、どこへ行ったのやら……。